「アレルケア」徹底分析!

【徹底分析その1】「アレルケア」とは一体なんなのか?

皆さんがご存知の「カルピス」社から発売されている乳酸菌サプリメント「アレルケア」。
この「アレルケア」の特徴は「カルピス」社独自の乳酸菌「L-92乳酸菌」が配合されているということ。
この「L-92乳酸菌」は正式名称を「ラクトパチルス・アシドフィルスL-92株」といい、90年以上にわたって研究してきた「カルピス」社だけが持っている乳酸菌で、一般的な乳製品からは摂取する事が出来ない貴重な乳酸菌です。

 

「アレルケア」ならこの貴重な「L-92乳酸菌」を豊富に摂取することが出来ます。

 

また、「アレルケア」はアレルギーの方でも飲めるようにアレルゲンフリーで作られている珍しい乳酸菌サプリメントだと言えるでしょう。

 

【徹底分析その1】まとめ

  • 「アレルケア」は貴重な乳酸菌「L-92乳酸菌」が豊富に摂取できる乳酸菌サプリメント。
  • アレルギーの方でも飲めるアレルゲンフリー。

【徹底分析その2】「L-92乳酸菌」の効果について

「L-92乳酸菌」の効果とはどんなものがあるか調べました。
「L-92乳酸菌」には体の免疫バランスを整える為、アトピーやアレルギーの症状を緩和させる効果があるようです。

 

これは「カルピス」社が発表しているデータですが、4歳〜15歳までのアトピー性皮膚炎の患者さんに2か月ほど「L-92乳酸菌」を摂取してもらったところ、90%の方の症状が緩和されたという事例があります。
また、アレルギー性鼻炎の患者さんにも2か月ほど「L-92乳酸菌」を摂取してもらったところ、鼻水や鼻づまり、目のかゆみといった症状が抑えられたという事例も報告されています。
他にも花粉症にも効果があることが確認されています。

 

もし、アトピー性皮膚炎・通年性アレルギー性鼻炎・花粉症のいずれかをお持ちなら一度「L-92乳酸菌」を摂取することをオススメします。

【徹底分析その2】まとめ

  • 「L-92乳酸菌」にはアトピー性皮膚炎・通年制アレルギー性鼻炎・花粉症に効果アリ。
  • 体の免疫バランスを整える為、身体の免疫力がアップする。

【徹底分析結果】「L-92乳酸菌」が豊富に摂取できるのは「アレルケア」だけ。

これまで「アレルケア」についてと「L-92乳酸菌」の効果について書いてきました。
「L-92乳酸菌」にはアトピーやアレルギーに効果があるという結果が出ており、有効な成分だということが分かりました。

 

現状では「L-92乳酸菌」が豊富に摂取できるのは「アレルケア」だけ。

 

もし、アトピーやアレルギーでお悩みなら「L-92乳酸菌」が豊富に摂取できる「アレルケア」を一度試してみてはいかがでしょうか?

▼「アレルケア」の詳細・購入はこちら▼

アレルケア,アトピー

乳酸菌についての知識

乳酸菌の一種ビフィズス菌について 

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種であり善玉菌の種類のことをいいます。乳酸菌にはさまざまな種類があり、ビフィズス菌はあくまでその一つにしかすぎません。ビフィズス菌は乳酸と酢酸で産生する最近であり、ビフィドバクテリウムに属するものだといわれてます。ビフィズス菌には更に、ビフィダム菌やロングム菌、アドレスセンティス菌などさまざまな種類があります。ビフィズス菌の主な働きは腸内環境を整える、排便を促す、そして栄養を作り出す事だといわれています。ビフィズス菌は乳酸と酢酸を生成する働きがあり、酢酸は強い殺菌力があるといわれている成分です。そのため酢酸を多く産生すればそれだけ悪玉菌の増殖を抑えることができ、腸内環境を良い状態に保つことが出来るでしょう。腸内を酸性にする力もあるので、蠕動活動が活発になり排便を促す効果も得る事が出来ます。また、ビフィズス菌にはビタミンB群や葉酸を作り出す力もあるのです。ビタミンB群は健康に欠かせない成分です。葉酸は今注目されている成分であり、特に妊娠を考えている女性や妊娠中の女性にお奨めの成分です。

 

乳酸菌とピロリ菌の関係

ピロリ菌は胃に存在している細菌です。1980年代に発見された菌であり、胃に悪影響を及ぼす細菌だといわれています。細菌は、酸性の環境では生きにくいといわれています。しかしピロリ菌は酸性の場所に好んで生息する細菌であり、胃酸であふれている胃の中に主に生息しているといわれています。ピロリ菌が生息している胃はどんどん傷付き、環境が悪化し、胃炎や胃がん、胃潰瘍等の病気になる可能性が高くなるといわれているのです。実は日本人の半数程がピロリ菌に感染しており、胃に関する病気になる可能性が高いといわれています。しかしピロリ菌は乳酸菌で退治をする事ができる成分なのです。乳酸菌はもともと、体内環境を整える効果のある、健康にとても良い成分でした、乳酸菌を補うことで、ピロリ菌を体内から除去し病気になる可能性を防いでくれるでしょう。しかし、乳酸菌は胃酸にとても弱く胃腸内に入る前に溶けてしまう事も多い成分です。健康の為に乳酸菌を摂取する時は、胃酸に強いといわれている植物性乳酸菌を摂取するようにしましょう。一日200gが最適量であり、健康に高い効果を発揮するそうです。

 

乳酸菌で免疫力が上がる?

乳酸菌には、さまざまな効果があります。特に今注目されているのが、免疫力を高める効果でしょう。人には免疫力というものが備わっており、免疫力があるから病気や外部の影響に負けない力を兼ね備えています。しかし免疫力はさまざまな事に影響され、どんどん弱ってしまうのです。免疫力が低下した体は、風邪になりやすくなったりアレルギーを発症しやすくなってしまうでしょう。そこで乳酸菌の出番です。人の免疫システムは、胃腸に近い部分にあるといわれています。乳酸菌を摂取すると、腸内から体内に侵入しようとする免疫システムを刺激し、活性化する能力があるのです。そのため、免疫システムがどんどん強化され、細菌やウイルスに負けない体を作ることが出来るでしょう。乳酸菌というと胃腸が弱い方、下痢や便秘の方が摂取する栄養だと思われがちです。しかし、風邪を引きやすい方や肺炎、結核などの感染症を防ぎたい人にもおすすめしたい成分です。乳酸菌を摂取し免疫力を高めれば、一日に5,000個生まれるといわれているがん細胞も完全に撃退できるとまでいわれています。

 

乳酸菌で放射能浄化? 

乳酸菌が放射能を浄化する力があるという研究が進められています。放射能問題は今とても重い問題となっています。放射能が不安で特定地域の食品を食べるのに躊躇してしまうという方も少なくはないでしょう。しかし、乳酸菌が放射能を浄化したり、成分を抑える効果があるかもしれないといわれているのです。植物は成長するために光合成を行っています。細菌も光合成を行うといわれています。光合成は光を集めて成長する力ですが、その光にはさまざまな種類があります。紫外線も光に含まれていますし、大きな枠組みで見ると放射能も立派な光の一種でしょう。光合成細菌をエサにして成長するのが乳酸菌です。そのため、放射能を浴びて光合成をおこなった植物に乳酸菌を合わせると、乳酸菌が放射能の成分を吸収し食べてしまう事もありえなくはないのです。実際に、放射能を浴びたお米に乳酸菌の成分を含んだスプレーを吹きかけたら、放射能の検出率が四分の一以下になったともいわれています。今はまだ研究段階なのでなんともいえませんが、将来的に乳酸菌が放射能を浄化することが出来るようになるかも知れません。

更新履歴